相手の話をじっくり聞く!聞き上手になるためのポイント!

                                                                                                                                                                                                                                                          1.相手の話に集中する。

2.質問する。

3.自分の意見も考えながら聞く

                                        

                                                                                                  

1.集中する


ほとんどの人が犯しがちな過ちは、自分が次に何を言うか、

もしくは、相手が言おうとしていることが自分にどんな影響を与えるかにばかり意識を集中させてしまうため、相手が言おうとしていることを聞き損なってしまうということです。

相手の言葉は十分な音量ではっきりと聞こえているのに、言わんとすることを受け取り損なっています。集中するというのはシンプルなようで、言うほど簡単ではありません。人間の思考は信じられないぐらい散漫なのです。

相手の話に集中しましょう!

                                                                                                       

2.うまく質問して相手の話に理解と興味を示す



相手にうまく質問するだけで、聞いたことを確かめるだけでなく、もっとそれについて知りたいという気持ちを示すような質問をしましょう。

たとえば、「それでどうなったの?」とか「どうして彼はそう言ったの?」がこの場合は良い質問です。

会話を別の話題に移すよりも、相手の話を理解する足しになるような質問をするのが鍵です。

自分の意見に固執して人の話に聞く耳をもたない人とは誰も話したくありません。

オープンな心を持つのは職場では欠かせないことです。職場で人が寄ってきやすいということは、新しいアイデアが入って来やすく、人の助けも得やすいということです。先入観や批判的な気持ちをなくすには、他人の目を通して世の中を見る必要があります。これは、他人と同じことを信じろとか他人の信条を大目に見ろという意味ではありません。相手が言っていることを本当に理解するまでは、判断は避けるべきだという意味です。
聞き上手な方というのは例外なく質問力が高いです。

なのでバンバン相手の話を引き出せるんですよね。
そしてこういった質問は相手の話をよく聞いていなければ出来ないのです。

そしてコツとしては相手が何を一番分かってほしいのかというのを会話の中から探り当てて下さい。

                                                                                                                                                       

3.自分の意見も考えながら聞く

話を聞いてる時は、
基本的に自分の意見は言わないで最後まで相手の話を聞きましょう。

結構やりがちなのですが、
聞くことに集中し過ぎて自分の考えを相手に言えなくなり、話を聞いてないと思われます。

                                                                                                                                                           

まとめ

上記のことを意識してみてください。かなり聞き上手になれます!


コメント

タイトルとURLをコピーしました