男性必見!足のにおいの原因!

                                                                                                                                                                                                                                                           1.雑菌、汗

2.靴下

3.ストレス

                                                                                                                                                                                                             

1.雑菌、汗

足が臭う主な原因は雑菌です。足にもともと潜んでいる常在菌が、汗と混ざった皮脂や古い角質、垢などの汚れを分解すると、臭いの元となる物質ができます。

その物質は、納豆にも含まれている「イソ吉草酸」と、酢っぱい臭いがする「酢酸」の二つです。

足の裏は他の部位に比べ汗をかきやすい部分です。

それもそのはず、足の裏には汗腺が集中して存在しており、その量は背中の5~10倍ほどであると言われています。

そのため、足は1日でコップ1杯分もの汗をかく部分なんだとか。

                                                                                                                                                           

2.靴下

長い間履きっぱなしの靴や靴下は蒸れ、ニオイのもとになります。

特にパンプスや革靴など、足全体を覆う靴の場合、通気性が悪いため汗が溜まりやすく、雑菌が繁殖しやすくなります。

菌は高温多湿を好むため、湿気がこもりすぎないようにしましょう。

                                                                                                                                                                                                         

3.ストレス

休みの日はあまりくさくならないのに、仕事のときはやけにくさくる!

それは緊張や興奮、不安などのストレスを感じると手のひらや足の裏に多量に汗をかく「精神性発汗」の可能性も。

精神性発汗でかく汗は、通常のさらさら水っぽい汗とは違い、タンパク質やアンモニアを多く含み、ベトベトしています。

そのため、通常よりもさらにくさいニオイを発してしまうのです。

                                                                                                                                                                                                                                                           対策

・抗菌防臭効果のある中敷きを入れる

・蒸れにくい靴を履く


・靴を買うときは、必ずしっかり試着して、サイズのあった靴を選ぶ
例えばサイズの大きな靴を履くと、脱げないように足が踏ん張ってしまい、その緊張から、足が余計な汗をかいてしまうことがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました