モテたいならトーク力を身につけよう!トーク力を身につける方法!

                                                                                                                                                      相手と食事に行っても、何を話していいかわからなくなる。

話を振られても返答(返し)が上手く出来ない。

話が盛り上がらない。    

こんな経験ありませんか?

こんな経験を二度と繰り返さないように、トーク力を上げる4つの方法を紹介します。

                                                                                                                                                     

1. 会話の中で、自然に相手を褒める

2.共通点を見つける

3.どんどん質問する

4.相手が興味のある話題を探す

                                                                                                                                                                                                        1.会話の中で自然に相手を褒める

実践方法としては、そのままなのですが、    
特別際立ったテクニックや、上手な言い回しができなくても、「相手を褒める」ことができるだだけで相手も気持ちよくしゃべることができるので会話がスムーズになります。

ただし、不用意に褒めすぎは、不自然なので、相手がいいことを言った時、相手のいいところを見つけたときに、ほめてあげましょう。  
褒められて悪い気のする人はいませんから、初対面の人に限らず親しい人であっても、日頃から相手を褒めることをい意識してみましょう。

                                                                                                                                                                                                         

2.共通点を見つける

共通点を見つけることの効果は、心理学の言葉で「類似性の法則」と言われ、互いの共通点を持つことによって、心の距離が縮まるということが期待できます。

初対面の人なのに、趣味が同じで盛り上がった。
同郷とわかり、さらに地域まで同じで地元の話で盛り上がった。

好きな俳優、ミュージシャンが一緒だとわかった途端、マニアックな話題にまで話が弾んで、いつの間にか親近感を持っていた。
あなたにもこんな経験がありませんか?

これは初対面の人との会話を盛り上げたり、信頼関係を築く上でも有効な方法です。

一見共通点がないように思えても、思わぬところで「あるある」「わかる!」と共感できるポイントがあれば、それも立派な共通点です。

同世代の相手であれば、子どもの頃に見たアニメや流行っていた曲の話、あるいはその年代ならではの経験に共通点が見つけやすいでしょう。
世代が違う場合にも、苦労した話、影響を受けた人の話、などの中から共感できるポイントを探していきましょう。

                                                                                                                                                                                                         3.どんどん質問する

  
たとえば野球中継のヒーローインタビューで、「打った後、どんな風に感じましたか?」などと聞く人がいますが、それだと「ヒットになってうれしかったですね」と答えるしかありません。

質問をする際には、「いつ」「どこで」「誰が」「なにを」という情報よりも、「なぜ」「どうやって」の方に注意して質問することが大切だそうです。理由は、「なぜ」「どうやって」には、相手の人となりが出るから。たとえば「野球部って何人ぐらいいたの?」と質問したとしたら、「30人」で話が終わる可能性大。しかしこれを「なぜ」「どうやって」に置き換える 。

例えば、なぜ野球を始めたのか? どうやってバッティングの練習をしたのか?

なぜ?どうやって?の質問を意識すると、かなり会話がかわります。

                                                                                                                                                               

4.相手が興味のある話題を探す

相手が興味を持つ話題とは、相手に関係のある話題ということです。人は何事においても自分が主役か、脇役でも何かしらの関連性がなければ、興味を持ちません。 内輪話や自慢話がつまらないのは自分に関係がないからです。


相手が興味のある事を探す方法としては、相手が聞いてきた質問の分野の話をする。

相手がきいてくるということは、相手が興味ある話題そのものです。

質問に対してはそのまま受け応えるのがベストですが、そのまま自慢話や内輪話にもっていってしまうことには注意しましょう。

                                                                                                                                                                                                                

まとめ

ながれとしては、

会話しながら、質問を沢山して、共通点を探して、相手が興味あること、ないことを整理しながら、

ゲーム感覚で実践するととり楽しくなります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

コメント

タイトルとURLをコピーしました